freitag-style

freitag-style blog

フライターグのバックができるまで!Part.3


みなさんこんにちは!



フライターグ(FREITAG) 通販取扱店

フライターグスタイル店主の小山ですニコニコ


一昨日の記事→フライターグのバックができるまで!Part.1   と

昨日の記事→フライターグのバックができるまで!Part.2   で



フライターグのバックができるまでの工程の?〜?までをお伝えしましたが、

今日もまたその続きを説明していきますね!



?バックの大きさに生地をカット


このような切り出す型に合わせて


デザイナーと呼ばれるスタッフがひとつひとつ手作業で切り取っていきます。


切り取られた様々な色の幌が作業台に並んでいます。


素材が一つひとつ異なるので、その選定が非常に重要になります。

素材の柄をどのように出すか、厚みが微妙に異なる素材をどのように使うか

判断することがたくさんあり製品づくりの中心とも言えます。



フライターグの工場の中で様々な役割を4、5年経験してから

デザイナーの職につくことが多いみたいです。



?デザイン


デザインの指示書


デザイナーによって様々に組み合わされる色や柄。

全ての工程を知った上でのデザイナーの仕事…大変ですねあせる



製品の大元のデザイン、アートディレクションについては、

フライターグ兄弟が今も担当しているそうです。



いまでもひとつひとつのバックにきちんと人の手がかけられて

生産されているフライターグのバック。

根強いファンが世界中にいるのも納得ですニコニコ




また明日に続きます音譜



これからもフライターグの魅力をどんどんお伝えしていきます!


ショップはこちら→FREITAGの通販店舗 | 【フライターグスタイル】


お客様とのつながりを大切に日々精進しております。


今後もフライターグスタイルをどうぞよろしくお願いいたします音譜