freitag-style

freitag-style blog

フライターグのバックができるまで!Part.1


みなさんこんにちは!



フライターグ(FREITAG) 通販取扱店

フライターグスタイル店主の小山ですニコニコ



今日はフライターグのバックがどのような工程で生産されていくのかを


みなさんにお伝えしたいと思います!




FREITAGの工場はチューリッヒの北部郊外にあります。


工場の名前は「FREITAG F-actory NOERD」。




では生産の過程を順番に説明していきますアップ





?工場での最初の工程は、素材であるトラックの幌の入荷です。



今までは捨てていた物を素材として活用しているため



既存の素材流通ルートというものがありません。



イレギュラーで小規模な取引は面倒もありますし、

アップサイクルにおける最初のハードルがこの素材の手配になります。


入荷された幌は、色もヨレ具合も様々です。





?大きな作業台に幌を広げます。


ヨーロッパらしい鮮やかな色の幌が広げられています。



?次に材料のカット。



金具等をはずし、規程の大きさにカットしていきます。



素材の状態が文字通り千差万別なので手作業とならざるを得ないのです。


機械ではなく、人の手で慎重に切り取っていきます。



まだまだ長くなりそうなので続きはまた明日に音譜



これからもフライターグの魅力をどんどんお伝えしていきます!